()

 弱い刺戟が痛みへ

2823第1445回2023年8月15日

ヴィタ研究所・整体院の木佐貫正人です。

 「痛覚変調性疼痛」

痛みは末端や中枢の痛み

痛み物質が出す痛みが

あるわけですが

「脳」は単純に痛みを

感じるだけではなく

痛みを弱くしたりします。

しかし 脳が疲弊したり、

栄養不足で機能低下など

してしまうと調節が

出きなくなります。

すると どうなります?

普段なら気にならない

痛みをどう感じるでしょうか?

痛みを感じるレベルの閾値が

変わることで弱い刺激が

痛みとなって現れる

これが腰痛だったり

頭痛だったりするわけですね。

それにはストレス開放や

必要な栄養補充ですが

順序的には必要栄養素を摂って

呼吸や軽い運動で気持ち良い

睡眠を取る事なのですね。