()

硬い方か 柔らかい方か?

ヴィタ研究所 2823第731回 2021年10月17日

そもそも体の中で硬いのと

柔らかいところがあり

筋肉系は総じて

柔らかい方がいい。

骨の硬骨は硬い方でないと

ふにゃふにゃ頭になるからでミネラルだね。

軟骨はクッション性があるので

柔らかくないと話にならない

実際ミネラルは含まない。

ここが硬骨と軟骨の差

筋肉でも力強いものと

柔軟性が強い、ちぎれないもの

実は両方の性質を含むのを

混ぜて使いこんでいるのが身体で

 うまく出来ています。 

前回までの足病医学の

久道医師の3つのポイントの内

  • アキレス腱
  • 土踏まず;足裏アーチ

 この土踏まずは硬い部分と

 柔らかい筋肉の共同作業

 身体を支える土台の基礎部分

 毎日つぶしているので

 必要栄養摂って しっかりほぐしたいね。

今日はまぐまぐさんで有料配信中「力が影響力を生む」です。

https://mypage.mag2.com/ui/view/magazine/163048455?share=1

ヴィタ研究所 代表 木佐貫正人

まぐまぐ「栄養体力法」本格栄養系メルマガ配信中