()

人体の冷却システム 4/4

ヴィタ研究所 2823第639回 2021年7月17日

暑さに対応する冷却システム

まずはこの冷却システムと

4つの動きをやってみました。

  • 過剰な熱を探知するには

温度計 湿度計 

水分量でチェック。

  • 体のサーモスタットは

脳の間脳の作動と発汗   

約2Lの水分量確保が重要。

  • 血管の拡張 皮膚表面への

血流促進で放熱をする。

血流促進や血管の運動である

最低量の筋肉運動をしているか?

  • 脳が異常温度を探知し

必要な水分量とNAとK調整の上

汗腺―発汗で皮膚や呼吸で放熱する

脳―血液―汗―筋肉(軽い運動)で対応

湿度が高いと発汗できないし

血管、皮膚でのEg代謝には

ビタミンとミネラルが必要で

不足すると皮膚炎も起こりやすいですね。

今日はまぐまぐさんで配信中 シグナル 負けないように

https://mypage.mag2.com/ui/view/magazine/162913360?share=1

    ヴィタ研究所 代表 木佐貫正人